« そら さん。 | トップページ | そら さん。 »

2019年6月 4日 (火)

バスで君に会いに行ったのは

忘れもしない 雨の日だった

家の前の 物置小屋だった

何も言えないで 黙っていた俺

お互い顔おみているだけだった

ただ 俺の目だけが語り掛けてた

わずかな時間だった

家の中からの 重圧に

雨の中を 傘もささずに

帰りのバス停に向かう

俺の背中姿は 小さかっただろう

後の事は覚えていない

四角い窓打ち付けに雨がが打ち付け

笑っている 俺は街を捨てた

けいし

 

« そら さん。 | トップページ | そら さん。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そら さん。 | トップページ | そら さん。 »