« こおり さん。 | トップページ | みく さん。 »

2019年6月29日 (土)

こおり さん。

こんばんは

私が精神的な病気の人と話しを始めたのは 6・7年前からです
その女子は 10代でした病名は統合失調症
最初は いじめから始まりました 靴を切られたり 殴られたり 池に落とされたりの
いじめを受けていました 靴も履けなくなっていました 私と話しをするのも 恐る恐る話していましたが
少しずつ心を開いてくれるようになり 何でも話すようになりましたが 両親には内緒でした
私は その子の母親とも その子の状況を知るために 時々話すようになり その子に異変を感じた時に
母親に何か異常がないか聞いていました その子が母親に私との会話を許してほしいと言って来た時の
その子の目が輝いていたそうです 母親は今まで見た事が無かったぐらいの目の輝きに感動して許してくれたそうです
母親は病院の先生に相談したら先生も 他人と会話するのもいい事だと許可を出してくれたそうです
その子は私の事を お兄ちゃんと呼んでいました
ある時「お兄ちゃん 靴履けたよ」と言って来ました 靴を見ることも 履く事も出来なかった女子がですよ
その子は私に喜んでもらいたくて 毎日 努力していたんです その子は私との会話が楽しかったのでしょう
希望を持ち 夢を語らい 赤い服を着て ゴールテープを切りたいと言うまでになりました
会話は大事です こおりさんも私と楽しい会話をしませんか?
けいし

« こおり さん。 | トップページ | みく さん。 »

コメント

大変な話なんども読みました
わたしには同じいじめがあっても
まだすべて話すことに怖さがあります
誰かが見ていてまた来るのではないかとか 続くのが怖いです
こおり

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こおり さん。 | トップページ | みく さん。 »